信用にもつながる!金融機関からの融資

金融機関から融資することのメリット

会社を創業したり、運営していくためにはまとまったお金が必要になります。会社を動かしていくためのお金を「事業資金」と呼んでいますが、事業資金を調達する方法で真っ先に思い浮かぶのが銀行や信用金庫など、金融機関からの融資ではないでしょうか。ただし、認知度が高いとはいえ、金融機関からの融資というのはそう簡単に受けることが出来るものではありません。基本的に金融機関の審査はほかの資金調達ができる機関の審査と比べるとかなり厳しいと言われていて、特に全国展開しているメガバンクはすでに大手企業との取引があるため、中小の企業が融資を受けることはかなり難しいでしょう。その一方で金融機関から融資してもらえるという事は一定以上の企業と認められたことと同意義になるので、対外的な取引をする際の信頼度が大きく上昇します。

どうやって融資してもらうか

銀行をはじめ、金融機関から実際に融資をしてもらうための方法は大きく「プロパー融資」と「信用保証貸付」の2通りの方法があります。「プロパー貸付」というのは企業が銀行と直接やり取りをしてお金を融資してもらうための方法で、将来性やある程度実績のある会社または返済能力がある企業しか利用できません。金融機関と直接やり取りをすることになるので、融資が通るかどうかは金融機関側の判断となります。もう1つの「信用保証貸付」は、信用保証協会を経由して銀行から融資してもらいます。この方法を使えば信用保証協会が保証人となって融資のサポートをしてくれるので、中小企業でも融資をしてもらえる可能性がある一方、信用保証協会を通す分金利は高くなります。

事業資金の借り入れは信用金庫や銀行が狙い目になります。資金調達を大阪で受けるときは低金利でお得に借りましょう