将来的な見通しはしっかりしている?事業計画書

事業計画書は融資にも事業の成功にも必要

事業計画書とは、その名の通り事業を行う上でどのように進めていくかを書き記した計画書のことです。事業計画書は、銀行や投資家からの融資を受ける際、助成金や補助金の申請を行う際に必ず必要となります。事業計画書から、その企業の事業は成功する可能性が高いのか、事業が有用なものなのかを判断するためです。事業資金集めのためには、この事業計画書をしっかりと書かなければならないでしょう。事業資金を集めるため以外にも事業計画書は役立ちます。事業計画書は、いわゆる目標や指針ともなるほか、現状を把握するものでもあります。そのため、事業計画書を作成しておけば、今後どのように事業を進めていくべきか、そのためには現状何が足りないか客観的に判断することが可能です。

事業計画書で書くべき内容

事業計画書に書く内容は、主に創業者のプロフィールに始まり、理念や目的、事業の概要と自社の強み、競合市場と戦略、売り上げ予想や計画などです。創業者のプロフィールを記すことによって、それまでの経歴から今後の事業にどのように役立つことができるかを書きます。理念や目的、そして事業の概要・自社の強みを書くことによって、具体的な事業の内容と今後の展望を知ることができます。競合市場と戦略を描くことによって、客観的に考えることができているかを判断されるでしょう。売り上げ予想や仕入れ先などの計画は、できるだけ具体的に記すことが望ましいです。およそ3年分の計画を、具体的な数字を交えて記入していれば、それだけ信用が高まります。なお、これらは楽観的な考えではなく、できるだけ厳しい予想で書くとよいでしょう。

個人や法人向けの貸付サービスは銀行や政府だけでなく、中小事業者にも優良なものがあります。このことを知っておけば、事業資金を名古屋でより簡単に調達できるでしょう