良い印象を与えよう!審査に落とされないために

事業計画を細部まで把握しておくことが大事

審査で良い印象を与えるためには、事業計画について細かく把握しておき、面接でスムーズに答える必要があります。面接で事業計画について聞かれて答えるのに時間がかかるようでは良い印象にはなりません。特に、基本となる情報は確実に頭に入れておくことが重要です。仕入れ先や販売先などの営業に関する情報は暗記しておき、事業計画書などを見なくても答えられるようにしましょう。また、利益を上げてから返済するまでの計画についても把握しておくことが大事です。返済計画は事業が予定通りに進んでいることが条件です。ただ、多くの融資担当者が聞くことですので答えは用意しましょう。具体策などがあると納得しやすいため現実的な計画を提示します。

審査を受けるときの練習することも必要

審査を受ける前に練習することは良い印象を与えるためには重要です。計画が完璧であっても上手く話すことができなければ相手に伝わりません。相手は面接で聞いたことを参考に審査をするため、緊張して上手くしゃべれなければ事業計画も杜撰だと判断する可能性があるのです。また、話す内容は完璧でもたどたどしかったり、ボソボソしゃべるのもあまり印象は良くないです。相手に伝わる話し方でしゃべる必要があるでしょう。そうならないように家族や友人を相手にしゃべり方の練習をすることも必要になります。自分では話し方が上手いと思っていても、相手からすれば聞こえにくいこともあるからです。色々な人に事業計画を聞いてもらって内容が上手く伝わるまで練習しましょう。

多くの中小企業が集中する都市は大阪です。そのため事業資金を大阪で調達することは理に適い、多くの事業主が存在することで緊急時に利用できる制度もしっかり揃っております。